学生時代、オーストラリアへ短期留学しました。数週間という短い間でしたが、海外での暮らしも良いなと感じました。

オーストラリアへの短期留学

学生時代にやるべきこと、という話題はよく聞きます。私にとって、やっておいてよかったと思うのは、短期留学です。これは、社会人になると、本当に長期休暇がとりにくく、海外に行きづらくなってしまうためです。私は、中学を卒業した春休みにオーストラリアへ短期留学をしました。2週間ほどです。

まず、良かったと思うことは、日本人と違って海外の方は、とても親しみやすい、というところです。気軽にお店等であいさつを交わし、どこから来たの?とかいつまでいるの?といった会話を見知らぬ人でもしてくれます。とても心が温かくなりました。また、家族の仲がとてもよく、今日あったことや、買い物等、皆で一段となって行動する機会が日本よりも多い気がしました。何よりホームステイ先の家族は、毎日朝と晩のご飯を一緒に皆で食べており、とても親近感がわきました。

また、お世話になった中学校でも、やはり皆さん自分に興味を持ってくれ、自分の友達、先生等積極的に紹介してくれました。折り紙を持って行ったのですが、鶴のおり方を教えたら、興味をもってくれ、一生懸命ひとりでおろうとしていた記憶があり、うれしかったです。また、海苔のついたおせんべいは海苔が珍しいらしく、結構好評だった記憶があります。そして、コアラをだっこする、というチャンスもありました。ちょっと思っていたものとは違いましたが、かわいかったです。オーストラリアは人にも自然にも恵まれたとても良い場所です。

Copyright (C)2019ボランティアをするために海外留学をする人たち.All rights reserved.